NEW POST

十五夜と月の地図とクレーター

九月最後の週、三十度以上の日が続いたと思ったら、
今度は最低気温が五度以下が数日続き、
風邪気味に………現在、どうにか軌道修正できているようで一安心。

この美しく寒い時期に体調を崩すと
こちらの冬は、
日照時間が短く、異常に寒いせいか、回復に時間がかかる



ニューヨーク州は広く、
既にマイナス入りした場所もあるようで、
今年の初雪も十月かしら?と思う月に突入してしまいました。




春と秋の空が好きなのですが、
秋の空に美しい佇まいを見せていたお月様に

ハッキリとクレーターを見てびっくり


e0373235_07280147.jpg

ちょっと大きくしてみると↓
左下のでこぼこが普通のカメラでハッキリと見えたのは
今回が初めてだった為、驚いた自分

e0373235_11225714.jpg

クレーターについて調べていたら、お月様にも地図があるとの事。

地図好きな自分ですが、
月にも地図があるなんて、考えたこともなく、
こちらもびっくり!


↓https://www.space.com/30904-awesome-moon-maps-nasa-usgs.html
より写真おかりしています

Part of a new moon map from the U.S. Geological Survey, showing Apollo landing sites and locations of other missions
Credit: USGS/NASA/ASU

e0373235_11344850.jpg

クレーターはでこぼこした部分だけではなく、
お月様の暗い部分もクレーターなのですね。
(周知の方も多いのでしょうが、暗っぽい部分もクレーターという事をしらなかった自分汗)

以下月の暗っぽい部分の説明
https://www.space.com/33790-harvest-moon-guide.htmlより

the dark regions are called maria, the Latin word for "seas."
"People thought they were water," Jones said of the early Italian astronomers who studied the moon and named the maria. Even in English, this naming mechanism stuck: Major features on the moon include the Sea of Tranquilityand the Sea of Storms.In reality, the maria are cooled lava that pooled at the bottom of impact craters (which is why many of the maria appear circular, Jones said).

日本は10月4日が中秋の名月
今晩が十五夜さんですね



一方、こちら北米はハーベストムーンと呼ばれる
少々赤味を帯びたまん丸いお月様を、10/5木曜日にみる事が出来る筈です



秋の儚げな三日月も好き

e0373235_07314832.jpg

2017年の元旦、北米の夜空には美しい三日月がありました↓


e0373235_12093678.jpg

少し成長した三日月



その後成長を続け半月に



日曜日のお月様 ↓

いよいよ数日後にはハーベストムーンとして
秋の夜空デヴューするのでしょうか。

日本ではお月見団子等いただくのでしょうね〜〜。


e0373235_12212371.jpg

現在、外気温摂氏11度と比較的暖かいのですが、
夜間は10度以下確実な為、生姜湯を頂いて就寝します
(道産子ですもの、まだ暖房は入れていません!)















[PR]
by Bopeep17 | 2017-10-04 12:35 | 日々の雑記 | Comments(0)