NEW POST

街角の秋 冬鳥ジュンコJuncoと珍しいLoonハシグロアビ

街角も衣替え完了。北米秋の花、マム(一種の菊)で彩られ、クリスマスの家でクリスマス時期、忙しいサンタおじさんの本当のおうち前も、カボチャと秋仕様。

e0373235_05582121.jpeg
自然の方は、カナダから冬の前にやってくるジュンコが、早々に登場。

というか、

最近はニューヨーク州の寒く高度の地域では、ジュンコは移動しないようです。東海岸のジュンコは、灰色、白の羽色ですが、西海岸は、茶色など、色味に違いあり。

日本名、ウィキによるとユキヒメドリと愛らしい名前。英語名よりロマンチックですね。
↓の絵

e0373235_06170136.jpeg
嘴と足が淡いピンク。羽は灰色でお腹、羽裏は白とシンプル。性格もおっとりしていて、通常、群れでやってきます。鳴き声は、高音ピョピョというか、柔らかく、透明感のある音色で、あ〜冬鳥ジュンコがやってきたと思う自分。


写真は八月末と、早すぎる到来?な為か、お一人様でした。まだジュビナイルjuvenile(飛ぶことはできてもまだ雛)かしら?

e0373235_06010037.jpeg

✳︎

e0373235_06014222.jpeg


そして、こちら↓はルーン。今年、昨年は近所湖に来ていませんが、2016年の秋、初めて近所の湖に出没したとの事で、早速、訪問した時の写真。ルーンは、ニューヨーク州では早朝、ハドソン川の沖、アドランダック自然公園の秘所で、双眼鏡使用で観察できる事もありますが、用心深い野鳥で、ボート等で、湖の真ん中まで行かないと、見る事が出来ない事多い為、小さな近所の湖で、観察できて幸運でした。
小さな湖ですが、人が行き来できない岸辺側で良い写真ないのですが、それでも嬉しい自分。

e0373235_06043686.jpeg

日本名wikiによるとハシグロアビと少々難しい名前。ルーンの方が覚えやすく.......

http://ja.m.wikipedia.orgより
e0373235_06554698.jpeg

水鳥は赤ちゃん鳥をおんぶする事多く、母鳥との絆を垣間見る気がします。近年、ルーンは減少して保護下になって。

http://Audubon.orgより
赤ちゃん鳥の羽が未だ産毛ぽく、可愛い(^^)Fuzzyって表現ぴったり
e0373235_07095494.jpeg

そしてヨーデルのなき声でも有名なルーン。神秘的な反面、”雄叫び”っぽく?もあり。森の奥から、こんな音が聞こえてくるのも、自然探索の醍醐味?





e0373235_06045645.jpeg


e0373235_06051720.jpeg

[PR]
by Bopeep17 | 2018-10-12 08:13 | 季節の備忘録