NEW POST

美味しいコルタードとクロワッサン

今のところ、自分にとって一番のクロワッサンとコルタードは、マンハッタンではなく、アップステートのこちらBartlett House。ニューヨークタイムズ等で早々に、この僻地 カントリーサイドCafeが紹介された為か、アンティークや、高級家具店が立ち並ぶ、アップステートのブルックリン←自分が勝手に命名”ハドソン”が近いせいか、秘密にしておきたくても、知名度を早々に獲得して、NJ(ニュージャージー)ライセンスやMA(マサチューセッツ)ライセンス他州訪問者を駐車場に見かける程。放置されていた、歴史的建築物が、美しいCafeとして、人々を迎えている事、大変嬉しく思います。そして、大好きなハイキングコースの近くに、素敵なCafeがある事も嬉しい。

e0373235_08033076.jpg


こちらのコルタード、主人のお気に入り

マンハッタンcafé等と比較しても
味、雰囲気劣る事なく

↑メイプルコルタード!

アップステートニューヨーク名物
"メイプル"プラス"コルタード"と

ニューヨーク州的に
上手い組み合わせ


✳︎

参考まで

↓ウェブ上に飲み物の
メニュー金額表示がない為

2018年現在な為、変更あるとあしからず

e0373235_08035761.jpg


こちらはカウンター前席↓

コーヒーとパンだけならば
この席でもいただけます
チップ無しの席です


e0373235_08041505.jpg


入り口、むかって左手は
食事利用

状況によりますが、
ニューヨーク州では
20パーセントのチップを
支払う常


英国、ヨーロッパの
チップ制度に比較しても
北米は割高で、
英国の友人も20パーセント額に
驚いていましたが

日本人には
面倒なシステムだと憶測。

チップを払っているから
良い接客があるのかといえば
そうゆう訳でもなく
一体どうゆう国なのか?
未だに理解不可解

そして
ニューヨーク州全般的に
接客の良さは平均して
他州に比較すると低い気もします。
↑あくまで自分の印象
(チップは割高なんですが...)


✳︎


平均してニューヨーク州は
日本より物価高です。

こちらで低い料金設定は
Cafeのコーヒー?かしら

札幌さえ美味しいコーヒーが
一杯500円位になっていて
驚いたのですが

食事料金はお買得感高く
接客も良く
ニューヨーク州に比較して
食材も良心的な価格の印象

東京は
世界一物価高と
言われたりしますが

個人的に
物価はマンハッタンの方が
高い印象


何と言ってもこの国
一部の州の住居費を抜かして
平均の
住居費と医療費が
異常な金額と思うのは
私だけ?

話脱線しましたが
こちらのcafe
日本の食器等も販売しています

中国製ではなく
鉄瓶なども日本製(^^)

オーナーの方が
日本の製品が好きとの事

流石、センスの良いcafeだけあると
納得する単純な私ですが

日本製品は
良質で美しい製品多いと思います

金額も良心的で
こうゆう素晴らしい面
続いて欲しいと切に感じる自分


e0373235_08043286.jpg


ピスタチオクロワッサン↓

ベイカリーマドの
オーナー時代から
タルトやクロワッサン
素晴らしかったのですが、
このピスタチオクロワッサンは
本当に素晴らしい


朝食にお持ち帰り
サイズは巨大です

e0373235_08061728.jpg


✳︎




e0373235_08060152.jpg



オーナーの方もこの方に興味があるのか
お店に
この方のquote が
"Nothing is wasted everything is transformed"


北米の有名な写真家
Walker Evans
昔のBartlettHouseを
撮影していたなんて知らなかった

https://www.instagram.com/p/Ba6_5PzlCeQ/?hl=ja&taken-by=bartletthouseghent↓

e0373235_03072237.jpg

✳︎



e0373235_08053922.jpg


2258 NY-66 Ghent NY12075
Bartlett house

地図等詳細は
以前のこちら

e0373235_08541397.jpeg





[PR]
by Bopeep17 | 2018-10-15 13:10 | 日々の雑記