人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを

もう随分時間が経過してしまったのですが
確か記念日?だったような

マンハッタンにロンドンから
新しいCafeが進出して

週末の買い物後、
お茶の時間に通りすぎる場所だった事もあり
アフタヌーンティーを頂いた備忘録

久しぶりのコロンバスサークル

お天気良くサークルのコロンバス像が
美しく空に映えていました。

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14264574.jpeg



ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_09223699.jpeg


今ではあちらこちらに出店した
ホールフーズですが
ニューヨーク州では、ワーナーセンターが
最初のホールフーズ訪問だった記憶あり
(ホームページによると2001年からマンハッタンと)

確か2Fはボーダーという本屋チェーンも
昔にあった様な記憶

記憶違いでなければ
ボーダーは
ロンドンにも進出していた事

びっくり


賃料の異常に高いマンハッタンで
本屋さんが
利益をあげるのは、至難の業と思いきや

アマゾンが本屋を出店する不思議
(あくまで自分意見↑)
広告宣伝費代わり?なのでしょうか

マンハッタンのアマゾン本屋
品揃えは特別の印象無しの自分でした


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14270112.jpeg


USAでは
コロンバスデーという祝日があります

正直、コロンバスは北米大陸より、
バハマ付近に所縁あるお方の気がしますが、、、

歴史の観点から
コロンバス人となり背景に
物議を醸し出す点もありと思いきや

この地で神々しく飾られている皮肉^ ^;;;

Russo Gaetano作 高さ21メートル
https://vanderkrogt.net/より

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14272679.jpeg


アフタヌーンティーから脱線しましたが

ワーナーセンターから見るサークルは
この像を含め、美しい景観な為、
人々の目を
楽しませる事は確かです^^

そしてチェルシー、ロンドンから
このセンターに開店したブルーバード
(因みにニューヨーク州の野鳥はブルーバード)

マンハッタンにもチェルシー地区ありますが

ロンドンのチェルシー地区

スローンスクエアのチューブから
散歩した懐かしい想い出があります

↓店舗手間はチップ無しで
残念なのは手前では、景色を眺める事不可

持ち帰りや
手前側椅子で、
購入した飲み物、軽食を
頂ける様に席が設置されていました

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14274601.jpeg

コーヒーはフィラデルフィアの La Colombe

椅子やクッションの色味
室内装飾、英国風にLovelyです


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14280665.jpeg

持ち帰りの飲み物料金↓
3ドル〜6ドルが多かったです

夫がアフタヌーンティーのあと
理由ありで、再度こちらで
コルタードを飲みました。

理由は後程


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14281922.jpeg


レストランは
かなり広く
セクションが分かれています

英国風なLovelyな色彩


アフタヌーンティーは
眺めの良い窓際がお勧めです



席に着くと
こちらを↓

DoよりもDon'tが気になるところ


ミルクを先に入れない

小指を立てない

スコオーンとオを長く発音しない⁈

ビスケットを紅茶?に浸さない

Dunkシュートは
バスケットボールゲームで聞きますが
この場合
To dip food into a liquid food

アフタヌーンティー後重い夕食予定を立てない

スニーカーや運動着を着用しない
アフタヌーンティーは寛いで頂くものですが
装いはスマートに

訳は意訳ですが
その様な注釈を頂きました

英国風sense of humor⁈


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14340803.jpeg



↓ブルーバードのインスタグラムより



ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14494538.jpg


この日はお店の名前にちなんでか
甘い物が青い色に、、、、

その色味に合う様
緑も加算されて、、、

以前学生時代の思い出で
青いケーキの事記載しましたが

ケーキが青や緑に
どうしても違和感がある私、、、

夫の口に全て

スコーンが英国風に美味しく
あたたかくなかったのが残念

サンドウィッチ
具の味はよくパンが美味しいと
更に好印象です


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14285701.jpeg


でもなんといっても
窓の外の景色

これが高得点

若いお嬢さんこの様になって↓

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14291768.jpeg


マネージャーの方がきて
(スーツがスマートな英国人^^)
窓の外写真等を
撮っていたからだと思いますが汗
(お店の写真了解得ています)

夫と私の写真撮影いたしましょうかと
おっしゃて下さる心遣い

お断りしたのですが


その心遣いを嬉しく思いました


席からみた景色↓
他の景色写真は
Cafe店内からではありません

ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14293557.jpeg


アフタヌーンティーの内容で言えば
英国ホテルwhitbyの方が

使用している食器を含め

お勧めですが

立地の便利さ景観の良さでは
このお店はお勧めです
(リンカーンセンターも側)

サービスは
Whitbyホテル、ブルーバード共に
とても良かった印象です


残念な点は

日本製のティーポット
(自宅で中型使用しているので)
サイズが小さく
お茶の量が不足な印象でした

お茶を沢山頂かない私でも

サンドウィッチの後
お茶不足を感じたほど

主人はアフタヌーンティー後

コーヒーを飲んだ次第です

食事や雰囲気の好みは
個人差があり
あくまでも主観での記録です


ロンドン発ブルーバードでアフタヌーンティーを_e0373235_14295351.jpeg

by Bopeep17 | 2019-12-05 13:01 | 訪問先

本、映画、美術館、訪問地等の備忘録


by Bopeep17
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31